技術士(情報工学部門)の概要

Pocket

■技術士とは
「技術士法」に基づいて行われる国家試験(「技術士第二次試験」)に合格し,登録した人だけに与えられる称号です。国はこの称号を与えることにより,その人が科学技術に関する高度な応用能力を備えていることを認定することになります。
 一方,「技術士補」は同じく「技術士法」に基づく国家試験(「技術士第一次試験」)に合格し,登録した人だけに与えられる称号です。技術士補は,技術士となるのに必要な技能を修習するため,技術士を補助することになっています。
 なお,技術士および技術士補は,技術者倫理を十分に守って業務を行うよう法律によって課されています。また,(社)日本技術士会で技術士倫理要綱を定めています。
 ※引用先
  http://www.engineer.or.jp/gijutsusi/index.html
技術士とは登録技術者(レジスタード・エンジニア)制度であって、試験に合格しただけでは技術士ではない。技術士法32条は、所轄官庁である文部科学省へ以下の事項を登録することを求めている。
* 氏名
* 生年月日
* 事務所の名称及び所在地
* 試験に合格した技術部門
* 技術士補の場合は指導技術士の氏名、事務所の名称および所在地など
技術士の業務に違反すると、技術士登録を取り消されることがある。
 ※引用先
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%80%E8%A1%93%E5%A3%AB
■試験日
 1年に1回、秋(10月頃)に行われることが多いようだ。
■詳細
 詳細は以下のサイトを参照
 http://www.pejp.net/pe/kaisetsu/kaisetu.htm


お役に立てましたか?

ブックマークをどうぞ!

スポンサード リンク

コメントを残す