さくらインターネットでCVSを利用する

Pocket

レンタルスペース(さくらインターネット)でCVSリポジトリを作成してみようと思い立った。
筆者は基本的に、WEBサイトの開発環境はローカル(windows xp + eclipse)で行っている。
普段は外付けHDDにvmwareの仮想OS(CentOS)を入れていて、そこでsubversionを利用してバージョン管理している。
vmwareはさすがに動作が重いので、普段はvmware関連のサービスは切っておいて、必要に迫られた時以外は起動しない。
それ故、いちいち起動したり停止したり面倒なのだ。
調べたところ、どうやらさくらインターネットではcvsが利用可能とのことなので早速試してみた。
■前提
 1)RSA暗号とは、桁数が大きい合成数の素因数分解問題が困難であることを安全性の根拠とした公開鍵暗号の一つである
 2)公開鍵暗号とは、暗号化と復号に別個の鍵(手順)を使い、暗号化の為の鍵を公開できるようにした暗号方式である。
 3)鍵生成アルゴリズムは事前準備にあたるアルゴリズムで、(将来暗号文を受け取りたいと思う)全てのユーザは事前に鍵生成アルゴリズムを実行しておく必要がある。ユーザが鍵生成アルゴリズムを実行すると、アルゴリズムはそのユーザの公開鍵および秘密鍵(と呼ばれるデータ)を出力する。
 4)公開鍵は暗号文を作成するのに使い、秘密鍵はその暗号文からメッセージを復元するのに使う。
 5)ユーザは鍵生成アルゴリズムを実行する際、セキュリティ・パラメータ(パスフレーズ)という値をこのアルゴリズムに入力する。セキュリティ・パラメータ(パスフレーズ)は、秘密鍵なしで暗号文の解読がどれだけ困難かの尺度である。さらに鍵生成アルゴリズムには乱数も入力される。
 6)鍵生成アルゴリズムは実行ごとに異なる乱数を選ぶので、ユーザ毎に異なる公開鍵・秘密鍵ペアが割りふられる。各ユーザは秘密鍵を秘密裏に保管し、公開鍵を皆に公開する。よってユーザの秘密鍵を知っているのはそのユーザ自身だけであるが、それに対しユーザの公開鍵を知っているのは全てのユーザである。公開鍵、秘密鍵をそれぞれ暗号化鍵、復号鍵ともいう。
— 以上、wikipediaより引用
1.サーバにログイン
2.$HOMEでcvsrootディレクトリを作成
$ mkdir cvsroot
3.リポジトリの作成
cvs -d $HOME/cvsroot init
4.鍵の生成(eclipse編)
 eclipseのバージョン:
 1)ウィンドウ>設定>一般>ネットワーク接続>SSH2を選択
 2)「鍵管理タブ」を選択し、「RSA鍵の生成」を押下
 3)「パスフレーズ」及び「パスフレーズの確認」に任意の値を設定する
 4)「秘密鍵の保管」ボタンを押下
   保管場所は「一般」タブの「SSH2ホーム」に設定されているディレクトリになる。
 5)「OK」を押下
5.サーバ側の設定
 1)$HOMEに.sshディレクトリを作成
   $ mkdir .ssh
 2)4で作成した公開鍵(id_rsa.pub)を1)で作成した.sshディレクトリにアップロード
 3)公開鍵の名前変更
   $ cd $HOME/.ssh
   $ mv id_rsa.pub authorized_keys
6.再びeclipseの設定
 1)ウィンドウ>パースペクティブを開く>その他でCVSリポジトリー・エクスプローラーを選択
 2)現れたCVSリポジトリービュー内で右クリック>新規>リポジトリ・ロケーションを選択
 3)必要事項の記入
   ホスト:ホスト名またはIP
   リポジトリー・パス:3で作成したリポジトリパス(今回のケースは「/home/[アカウント名]/cvsroot」)
   ユーザ:レンタルサーバのアカウント名
   パスワード:レンタルサーバのパスワード
   接続タイプ:extssh
んで試しにeclipse上の既存プロジェクトをチェックインしてみる。
ちゃんとでけた。

スポンサードリンク


う〜ん。
$HOME/cvsroot/CVSROOT/passwdにユーザを追加したんだけど、クライアントマシンから繋がらない・・・。
サーバの正規ユーザ名だったら繋げられるんだけど、passwdに追加したCVSオリジナルユーザではだめ。
( ̄〜 ̄;) ウーン
まぁ個人用途だからすぐに複数ユーザが必要って訳じゃないんだけど、なんかモヤモヤ感が消えないなぁ。
結構ググってみたけど解が見あたらない。
まぁ・・・
業務でCSVサーバ管理を命じられたらその時にまたはまるか。
前にサーバ管理してた時は、内部接続しか許してなかったからpserver接続だったんだよね。
んでpserverだったらpasswdの追加だけでいけたと思ったんだけど・・・。
pserverとsshでCSVのユーザの扱いが違うのかな?
よくわからん。


お役に立てましたか?

ブックマークをどうぞ!

スポンサード リンク

コメントを残す