CMSについて

Pocket

勉強(何の勉強かは内緒)の合間にnucleusってのとXOOPSっていうCMS(コンテンツマネージメントシステム)を動かしてみてる。
動かしてみて思ったんだけど、やっぱこれ仕事でも使えるよ。
両方ともGPLライセンスで改変自由、商用利用自由だし。
nucleusだけで小さな会社のホームページくらい作れちゃう(っていうかもう作った事例があるみたい)
mixiやgreeなどのSNSサイト、yahooやgoogleなどのポータルサイトはnucleusだけじゃちょっと難しいと感じた。
それはXOOPSの分野だな。
XOOPSは所謂「会員制サイト」のようなサイトを簡単に構築できる。
というか、インストールした時点でデザイン以外はすでに構築されていた。
両方ともPHP(スクリプト)で書かれているので難点と言えば大規模サイトには向かないってことかな。
でもどうせ中小企業や個人で利用する場合がほとんどだろうから問題なし。
という訳で・・・
XOOPSはどんなもんか確認できただけで満足したのでアンインストール。
俺が会員制サイトなんて作ってもどうせ廃墟ですよ。
コンテンツを考える力もデザインのセンスもないから。
nucleusは個人サイト(ってかブログ)として使えそうなので使うことにした。
現在カスタマイズ中。
なかなか面白くて結構はまっている。
ちなみに動作環境であるレンタルサーバの詳細は以下の通り
OS:FreeBSD
HTTP:Apache1.3
CRON:使用可
gcc:使用可(ってことはroot権限が要らないツールなら大抵はインストし放題ということ)
SSH:可
sh:bash(デフォルトはcshだったがbashに慣れているので変更した)
cvs:可(ソース管理は全てこのレンタルサーバで行うことにしました)
.htaccss:可
mod_rewrite:可
perl、php、c:可
と言うことで同価格帯のレンタルサーバより断然自由度が高い。
直接サーバ内にSSH接続で入れるので、仕事と同じ感覚で作業ができます。
一つだけ不満を挙げるとすれば、DBサーバがイントラ内からしか接続できないことだけかな。
まぁこれはセキュリティ上しかたない。
お客さん、これで一月500円でっせ。
僕にとってはかなり面白く感じるおもちゃを見つけてしまいました(>y<)


お役に立てましたか?

ブックマークをどうぞ!

スポンサード リンク

コメントを残す