Linux WineにDirectXをインストール

Pocket

前回の記事に引き続き、今回はWineにDirectXを導入してみます。

前提条件として、cabファイルを解凍するためのツールである「cabextract」が必要です。

スポンサードリンク


cabextractのインストール

# sudo yum install cabextract


.NET Framewaork 2.0のインストール

DirectXをインストールするには.NET Framewaorkが必要な様ですのでインストール。
手順の詳細はこちらを参照。

# sudo wget http://winezeug.googlecode.com/svn/trunk/winetricks
# sudo chmod +x winetricks
# sudo sh ./winextricks corefonts dotnet20


あとはインストールの窓が出てくるので指示通りにボタンを選択すればOK。

DirectXのインストール

# ./winextricks

窓が出てくるので、directx9.0を選択してOK

DirectXの実行確認

# wine dxdiag.exe



おー。出た出た!
試しにDirect3Dを試してみよう。


ちょっとマシンのグラボがへぼいのでカクカク表示だったが、無事成功♪


次の記事はDirectXを使用しているゲームの起動を目指してみたいと思います。


お役に立てましたか?

ブックマークをどうぞ!

スポンサード リンク

コメントを残す