ムームードメインの更新に伴う弊害

Pocket

先日、当ドメインの更新をムームードメインにて行いました。
支払期限には間に合ったのですが、契約更新日からは2日遅れての手続き。

で、掲題の弊害なのですが、このケースの場合は一時DNSの設定が無効化される模様です。
google先生に聞いてみたところ、似たような現象で困っている方が一名見つかりました。
思ったよりHitした件数が少なかったのは、きっとこれはレアケースということなのでしょう。

スポンサードリンク


まぁ・・・
ipconfigしてみたところ、返ってくるのはムームーDNSのIP・・・。
ちゃんとマッピングされていれば、当方の環境の場合ですとさくらインターネットのIPが返ってくるはずなんですよね。

・・・ということで、今日の朝まで当ドメイン配下のディレクトリは全く見れない状況が3日くらい続いていました(/_;。) ウッ
やっと先ほど復旧。

一応、ムームードメインのサポートへこの件について問い合わせているので、返答があり次第また続きを書きたいと思います。


ムームードメイン使用で更新日が迫っている方!
早めに振り込んでおいた方が良いですよ!


さてさて。
上記の理由でこのブログの更新が行えない間、主にCentOS+J2EE環境で色々と試していました。
その件はまた別の記事に書きたいと思います。


さておき・・・。
しまったああああああああ!
自分の場合、DDNSが使用したかったのでムームードメインからバリュードメインに移管するつもりだったのでした。
すっかり忘れてしまい、またムームードメインで一年契約を結んでしまいました・・・。

フリーのDDNSもありなんだけど、あまり良い思い出が無いから・・・
出来ればドメイン管理会社が管理しているDDNSサービスを使わせていただきたかったんですよね・・・。

ムームーDNSを利用すると、ムームードメインのレジストラにはムームーDNSのIPしか登録できないそうです。
しかも、ムームーDNSではNSレコードが使えない為、別のDNSとの併用も行えず・・・orz

かと言って自宅のBINDは(主に停電的な意味合いで)難しい・・・。

どなたか、安定性の高いDDNSご存じないですかね??

お役に立てましたか?

ブックマークをどうぞ!

スポンサード リンク

コメントを残す