WordPress Twitter Toolsバージョンアップ

Pocket

 Wordpressのプラグイン「Twitter Tools」のバージョンが2.4になりました。
 どうやらTwitter側の仕様変更(BASIC認証の廃止)に対応した模様で、設定がちょっとややこしくなりました。

 具体的には、Twitter Deverolersにアプリケーション(Wordpressの場合はブログそのものかな)を登録して、以下の情報を取得する必要があります。

スポンサードリンク


  • Consumer key
  • Consumer secret
  • Access Token (oauth_token)
  • Access Token Secret (oauth_token_secret)

 以下、簡単にTwitter Toolsの設定方法をまとめてみます。
  1. WordPressのコントロールパネルから、Twitter Toolsのバージョンを最新(2.4)にする
  2. WordPressのコントロールパネルから、Twitter Tools settingsを開く
  3. (その後の手順はTwitter Tools settingsのページに書いてありますが、英語なので取りあえず以降も解説しておきます)
  1. Register this site as an application on Twitter’s app registration page
  2. Twitter’s app registration pageの部分がハイパーリンクになっているのでそこへ飛んでください
    • If you’re not logged in, you can use your Twitter username and password
    • →Twitterにログインします
    • Your Application’s Name will be what shows up after “via” in your twitter stream
    • →つぶやきに「約1時間前 xxxから」という風に、どのアプリケーションでつぶやかれたか表示されていると思いますが、このxxxの部分は設定したApplication’s Nameになります
    • Application Type should be set on Browser
    • →Application Type はBrowserを選択してください
    • The Callback URL should be http://xxxxxxxx
    • →Callback URLにはhttp://xxxxxxxx(WordpressのURL)を指定してください
    • Default Access type should be set to Read & Write (this is NOT the default)
    • →Access type(アクセスレベル)にはRead & Writeを指定してください
  3. 上記を設定するとConsumer keyとConsumer secretが入手できます
  4. Twitter’s app registration page(Twitter deverolper)ページの右に「My Access Token」というボタンがあるので押下
  5. Access Token (oauth_token)とAccess Token Secret (oauth_token_secret)が入手できます
  6. 上記4つのkeyとsecretをWordpressのTwitter Toolsに入力して「Connect to Twitter」ボタンを押下して設定完了!


 どうやらBasic認証が廃止ということで、利用してるアプリの仕様変更が大変そうですねぇ。
 まぁなんか最近のWeb業界ってベータ版を平気で商用に利用してますし、一応職業SEとしては自業自得に見えますな。
 普通はアル程度信用できるAPIしか使わないのがリスクマネージメントってもんでしょうに・・・。




お役に立てましたか?

ブックマークをどうぞ!

スポンサード リンク