ドメインハックについて~きっと僕は頭が固いのだろう~

Pocket


 もう一つ、別用途にドメインを取ろうとしています。超個人用として使用するつもりなので、トップレベルドメインもそれに準じた「.info」や「.name」にしようと考えています。


 まぁそんな僕の近況は置いておくとして、最近ドメインハックが流行っていますよね。ドメインの乗っ取りという意味の方ではなくて、本来の意味を無視してオシャレ感覚(?)でトップレベルドメインを取るって意味の方。

スポンサードリンク


 例えば国を表すドメインを、別の意味として利用するって感じ。例えば、wikipediaによると「.be」(ベルギーを表す)をyoutube(google)が取得して、「youtu.be」みたいに使っています。


 まぁyoutube(google)は多国籍企業だから、たぶんベルギーにも支社はあるんだろうし良いと思うのですが、なんか僕的には「せっかく
ICANNが利便性を考えて決めてくれたルールなのに無視していいの?」と感じてしまうのです。あんまこういう疑問を呈しているブログ記事を見かけないので、たぶん僕の頭は固いんだろうなぁ・・・とちょっと凹んでみたり。


 なんかね・・・。独自仕様路線だったちょっと昔のブラウザ事情を連想してしまうのです。今でもブラウザ間のHTMLやJavascriptの挙動の違いは、WEBデベロッパーの悩みの種ですよね。まぁドメインはIPアドレスを分かりやすい単語に置き換えるってー代物なので、ブラウザ事情みたいな問題には発展しないんでしょうけどね。セカンドレベルの「co」(一企業につき一つしか取得できない)や「go」(政府機関しか取得できない)など、締めるところは締めてますし。


 だからきっと僕の考えすぎなんでしょう。いや。単にちょっと真面目な性格なだけか?(^.^;


 googleさんも「全ての情報を整理する」が企業理念らしいけど、ドメインは整理対象に入ってないのかな?(笑


 まぁなんだ・・・。昔よりはだいぶマシになってきたけど、無法地帯な今のネット環境はもう少し規制(というか制限)されても良いと思うのです。




お役に立てましたか?

ブックマークをどうぞ!

スポンサード リンク

コメントを残す