【Outlook.comがIMAPに対応】メールクライアントの設定方法

Pocket

Google apps(無料版)の新規登録停止に伴い、その代替先として注目されてきたOutlook.comがついにIMAPに対応しました。

参考:ITmediaニュース【Outlook.comがIMAPとOAuthをサポート】

Exchange ActiveSync(EAS)に対応しないThunderbirdやMacの「メール」でも、Outlook.comのメールを操作できるようになった。


ということで、さっそく自分も独自ドメインに紐づけているOutlook.comアカウントで試してみることにしました。といっても、独自ドメインを使用していない方も設定方法は同じです。この記事も基本的に独自ドメイン運用をしていない方向けで、最後の方に独自ドメイン運用者向けのトラブルシューティングを記載しているのみです。

なお、今回使用するメールクライアントはThunderbirdになります。
まぁどのメーラーも基本は同じだと思います。

先に触れましたが、もし独自ドメインで運用されている方でメーラーの設定が上手く行かない方・・・
Thunderbirdの場合は「設定を確認してください。ユーザ名やパスワードが間違っていませんか?」という文言が出て先に進めない方は、この記事の最下部に自分が少しはまった個所を記載しています。もしかしたら解決の糸口になるかもしれません。

また、ページ下部にある関連記事にもOutlook.comの他のエラーに関する対処法を書いていますので、この記事で解決しなかった場合は参照してみてください。

スポンサードリンク


前提

前もってOutlook.comのメールアカウントを取得しておきましょう。

Thunderbirdの設定

基本的にThunderbirdで以下の設定をすれば認証されるはずです。
一つだけ注意することは、Thunderbirdの指示するウィザードに従ってるだけだと通常のPOPサーバーを使用する設定になってしまうことでした。

  1. Thunderbirdを起動し、「新しいアカウントを作成する」をクリック。

    thunderbird outlook.com設定

  2. 「メールアカウントを設定する」をクリック。「新しいメールアドレスを使いたい方」の欄は無視して構いません
    thunderbird outlook.com設定

  3. 「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「続ける」をクリック。メールアドレスとパスワードはWindows Liveへログインする際と同じものです。
    thunderbird outlook.com設定

  4. 勝手に受信サーバーがPOP3に設定されてしまっているので「手動設定」をクリック。

    thunderbird outlook.com設定

  5. 【Microsoft Windowsヘルプ】Outlook.com でメール アプリをセットアップするを参考に、以下のように設定し、「再テスト」ボタンをクリック。

    • 受信 (IMAP) サーバー
    • サーバー アドレス: imap-mail.outlook.com
    • ポート: 993
    • 暗号化された接続: SSL
  6. 送信 (SMTP) サーバー
    • サーバー アドレス: smtp-mail.outlook.com
    • ポート: 25 (25 がブロックされている場合は 587)
    • 認証: はい
    • 暗号化された接続: TLS
    • ユーザー名: メール アドレス
    • パスワード: パスワード

    thunderbird outlook.com設定


  7. 「完了」をクリックして終了です。うまく送受信できるか試してみて下さい。もし受信できない!って方はJunkフォルダに入ってないか確認してください。件名も内容も「test」とか「hoge」とか、いかにもスパムっぽい内容だとジャンク扱いされている可能性があります(自分のテストメールもJunkフォルダ行きになってました^^;

独自ドメイン運用で「設定を確認してください。ユーザ名やパスワードが間違っていませんか?」という文言が出た場合

thunderbird outlook.com設定

おそらく一度もそのアカウント名(メールアドレス)でOutlook.com(Windows Live)にログインしていません。ログインしてパスワードを設定する必要があるようです。

ログインするとこんな文言が表示されます。

保護の強化にご協力ください…

サインインに使っているアカウントには、必要な情報が不足しています。サインインを完了するには、パスワードを変更し、不足している情報を入力する必要があります。

マイクロソフトでは、お客様のプライバシー保護に努めています。ご提供いただいた個人情報は、弊社のプライバシー ポリシーに従って使用いたします。



自分も少しはまったのですが、Windows Live アドミン センターでアカウント(メールアドレス)を作成時しただけでは駄目みたいですね。てっきりこれでいいのだー!と思い込んでいました。
上記の文言のように「不足している情報を入力」するため、作成したアカウントごとに2度ログインして認証を行う必要があるようです。

例えば、aaa@mydomain.comというアカウント作成時にパスワードを「12345」と設定して、メーラーの設定時にそのパスワードを設定しても認証に失敗します。

  • 1度目のログインで、「パスワードの再設定」「パスワードを忘れた場合のキーワード設定」を行うと強制ログアウトさせられます。これでOKと思いメーラーの設定に戻ってもまた同じ「設定を確認してください。ユーザ名やパスワードが間違っていませんか?」という文言が表示され完了できません。

  • 2度目のログインで、今度は画像認証があります。この認証を終えると「受信トレイ」が表示され、これでやっとメーラーの設定に戻り設定を完了させることができます。

追記

あとで色々試してみたのですが画面遷移の仕方も何通りかあるようで、上記で「2度ログインが必要」と書きましたが訂正させて下さい。

正しくは、どんな手順を踏んだにせよ、「Outlook.comの受信トレイが表示できる状態になれば」メーラーでの設定が完了できるようです。



お役に立てましたか?

ブックマークをどうぞ!

スポンサード リンク

コメントを残す