iptablesをyumでremoveするとネットワークに繋がらなくなる

Pocket

誤ってCentOS7のiptablesを削除してしまったらネットワークに繋がらなくなってしまった。
というか、ネットワーク関連のコマンドが消えてしまっていた。

寝ぼけてて良く確かめなかった自分が悪いのだが、依存しているパッケージも一緒に消してしまったらしい。

スポンサードリンク


UNIX & LINUX:Why did removing iptables “break” my network access?から引用。

To remove iptables i used yum :

# yum remove iptables -y
But this removed a lot of packages :

Remove 262 Package(s)

Installed size: 710 M
Downloading Packages:
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Warning: RPMDB altered outside of yum.
Erasing : xorg-x11-drivers-7.3-13.4.el6.x86_64 1/262
Erasing : ipa-client-3.0.0-37.el6.x86_64 2/262
Erasing : firstboot-1.110.15-1.el6.x86_64 3/262
Erasing : system-config-date-docs-1.0.11-1.el6.noarch 4/262
Erasing : system-config-date-1.9.60-2.el6.centos.noarch 5/262
Erasing : system-config-kdump-2.0.5-15.el6.noarch 6/262
Erasing : system-config-network-tui-1.6.0.el6.2-1.el6.noarch 7/262
Erasing : dmraid-1.0.0.rc16-11.el6.x86_64 8/262
Erasing : dmraid-events-1.0.0.rc16-11.el6.x86_64 9/262
Erasing : compiz-gnome-0.8.2-24.el6.x86_64 10/262
Erasing : gnome-disk-utility-2.30.1-2.el6.x86_64 11/262
Erasing : compiz-0.8.2-24.el6.x86_64 12/262
Erasing : xorg-x11-drv-ati-7.1.0-3.el6.x86_64 13/262
Erasing : pulseaudio-module-bluetooth-0.9.21-14.el6_3.x86_64 14/262
Erasing : gnome-bluetooth-2.28.6-8.el6.x86_64 15/262
Erasing : bluez-4.66-1.el6.x86_64 16/262
Erasing : gnome-power-manager-2.28.3-7.el6_4.x86_64 17/262
Erasing : rhythmbox-0.12.8-1.el6.x86_64 18/262
Erasing : xorg-x11-glamor-0.5.0-6.20130401git81aadb8.el6.x86_64 19/262
Erasing : mesa-libEGL-9.2-0.5.el6.x86_64 20/262
Erasing : kexec-tools-2.0.0-273.el6.x86_64 21/262
Erasing : xorg-x11-drv-modesetting-0.5.0-1.el6.x86_64 22/262
Erasing : 1:xorg-x11-drv-nouveau-1.0.1-4.el6.x86_64 23/262
Erasing : xorg-x11-drv-synaptics-1.6.2-13.el6.x86_64 24/262


A lot of packages are lost and i can no more connect to this system using ssh ! What was wrong in my command line?


例えばsshはもちろん、nmcliやipコマンドさえ使えない状態に。
pingも双方向で繋がりません。


正直、再インストールしちゃった方が早いと思ったのですが、なんとか復旧させてみました。

以下、行った手順を書きだしますが、おそらく不要な手順も含まれていると思います。
もしかしたらレスキューモードで起動しなくても良かったかもしれません?

復旧手順

  1. インストールCD(net-install)からレスキューモードで起動
  2. continueを選択
  3. シェルに入ったら以下のコマンドを実行
    
    // デバイス名の確認
    # nmcli d
    デバイス  タイプ    状態      接続
    xxxxx
    
    // IPアドレス、ゲートウェイ、DNSの設定
    # nmcli c modify xxxxx ipv4.addresses 192.168.11.30/24
    # nmcli c modify xxxxx ipv4.gateway 192.168.11.1
    # nmcli c modify xxxxx ipv4.dns 192.168.11.1
    # nmcli c down xxxxx
    # nmcli c up xxxxx
    # nmcli d show xxxxx
    IP4.アドレス[1]:                        192.168.11.30/24
    IP4.ゲートウェイ:                       192.168.11.1
    IP4.DNS[1]:                             192.168.11.1
    
    // 本来のOSイメージをルートとして子シェルで入る
    chroot /mnt/sysimage
    
    // yum updateしたらiptablesが再インストールされた
    yum update
    
    // mncliコマンドが使えなかったので個別にインストール
    yum install NetworkManager.x86_64
    

    これで取りあえずぱっと見みですが復旧できています。
    sshも繋がるしiptablesも動いてるし。

    iptablesが再インストールできたということは、依存しているパッケージも再インストールされているという認識なのですが、NetworkManagerを個別にインストールしなければならなかった件を考えると、この手順だけでは消えてしまったパッケージの全てが戻った訳じゃないんだろうなぁ・・・とちょっと不安だったり(´・ω・`)


    まぁ、試してみたいことがあって遊びで入れたCentOS7だったりしますので、気が済んだらそのうちOS自体を再インストールすると思います。


    このままだとちょっと怖くて使い続けられませんね^^;


お役に立てましたか?

ブックマークをどうぞ!

スポンサード リンク

コメントを残す