WordPress -Counterize IIプラグインのカウンターをユニークにする

関連記事:WordPressのアクセス解析(カウンター)プラグインCounterize IIを導入CommentsAdd Star

カウンターを表示できるプラグインCounterize IIを先日入れたのだが、先日の手順ではユニークな数で表示してくれない。
つまり、1ユーザが2ページ遷移したらカウントが+2されてしまう訳だ。

なんか騙しカウンターみたいで嫌だなぁ~と思っていたので、暇な今、対処してしまおうと思う。

「昨日」のカウントを取るコードを書くことも出来るそうなのだが、自分のブログには不要なのでそれはカットする。

手順

  1. wp-content/plugins/counterizeii/browsniff.phpの末尾(?>の前)に以下のfunctionを追加

  2. function counterize_getuniquehitstotal()
    {
    $sql = 'SELECT count(DISTINCT ip,date(timestamp)) FROM ' . counterize_logTable();
    $wpdb =& $GLOBALS['wpdb'];
    return $wpdb->get_var($sql);
    }


  3. サイドバー(sideber.php)の適切な箇所に以下を追記。または変更。要はカウンターを表示させたい場所。

  4. <?php echo number_format(counterize_getuniquehitstoday()); ?> <!-- 今日のユニークなカウント -->
    <?php echo number_format(counterize_getuniquehitstotal()); ?> <!-- トータルのユニークなカウント -->
    <?php echo counterize_get_online_users(); ?> <!-- 現在の訪問者数 -->



    参考:Counterize II でWordPressにカウンタを表示する

WordPressのアクセス解析(カウンター)プラグインCounterize IIを導入

Wordpress用のアクセス解析プラグインCounterize IIの導入メモ。
ちなみにWordpressを設置してあるのはさくらインターネットです。

手順

  1. teratermでさくらインターネットにSSH接続
  2. WordPressのpluginsディレクトリに移動
  3. $ cd $HOME/[Wordpressのディレクトリ]/wp-content/plugins
  4. Counterize IIのダウンロード、及び解凍
  5. $ wget http://downloads.wordpress.org/plugin/counterizeii.zip
    $ unzip counterizeii.zip

  6. 日本語で使う場合は2つのファイルを以下の様にリネーム
  7. $ cd counterizeii
    $ mv counterize-ja_UTF.mo counterize-ja.mo
    $ mv counterize-ja_UTF.po counterize-ja.po

  8. 管理画面より Counterize II を有効にする
  9. カウンターを表示させたい場所に以下のタグを挿入する
  10. <ul>
    <li>Today : <?php echo counterize_gethitstoday();?></li>
    <li>Total : <?php echo counterize_getamount(); ?></li>
    </ul>


    以上。
    参考にさせて貰ったサイトでは、「Yesterday」を表示する方法なども紹介されている。

    参考:無料で使える情報探す「おぼえがき」