CDもUSBもフロッピーも使えない古いノートPCにOSをインストールする方法

CDもフロッピーも使えないノートパソコンにOSをインストールする方法のメモです。

かなり古いノートパソコンでBIOSのバージョンも古く、もちろんUSBからインストールすることもできません。メーカー製ノートパソコンなのでBIOSのアップデート等のサポートも終了されていますしね(´・ω・`)

今回はPXEという仕組みを利用して、CentOSをネットワークインストールしてみます。

さて、環境は以下の通りです。
当たり前ですがLANで繋がっています。

インストールサーバ用のパソコン

自作パソコン:Windows7
サーバソフト:tftpd32 v4.00 standard edition (zip)

※サーバと書くと敷居が高く感じるかもしれませんが、インストール無しのサーバソフトですのでレジストリは汚しません。ネットワークインストールが成功したらゴミ箱へ捨ててしまってOK!(でも後々再インストールする際には必要になるから消さないで置いた方が良いかも)

CentOSをインストールするポンコツノートパソコン

VAIO VGN-S94PS(PCG-6H1N)
CentOSの最新バージョンは6.xですが、5.9の32bit版をインストールします。
後述しますが、このノートパソコンはPAEに対応していないためCentOS6はインストールできません。

また、CPUが32bit版のため、CentOSも64bit版ではなく32bit版(i386)をインストールします。


“CDもUSBもフロッピーも使えない古いノートPCにOSをインストールする方法”の続きを読む

Windows xp sp2以降ではping(icmp)要求はファイアウォールで弾かれる

Windows xp sp2以降ではping(icmp)要求はファイアウォールで弾かれる。
メモメモ。

応答するようにするには、

  1. コントロールパネルから「windows ファイアウォール」を起動
  2. 「詳細設定」タブを開く
  3. 「ICMP」の「設定」ボタンを押下
  4. 「エコー要求の着信を許可する」にチェック

以上。