Eclipse ERMasterデータベース設計プラグイン

 @ITでこんな記事を見つけた。

 無料のEclipseプラグイン「ERMaster」とは

 2010年の記事なので結構HOTなDB設計プラグインなのかなと気になったので使ってみることにする。
 ちなみに、個人的にeclipseは入れるプラグイン毎に分ける方針なのでプレーンなのを一つ調達。

“Eclipse ERMasterデータベース設計プラグイン”の続きを読む

WordPress Twitter Toolsバージョンアップ

 Wordpressのプラグイン「Twitter Tools」のバージョンが2.4になりました。
 どうやらTwitter側の仕様変更(BASIC認証の廃止)に対応した模様で、設定がちょっとややこしくなりました。

 具体的には、Twitter Deverolersにアプリケーション(Wordpressの場合はブログそのものかな)を登録して、以下の情報を取得する必要があります。

“WordPress Twitter Toolsバージョンアップ”の続きを読む

WordPress -Counterize IIプラグインのカウンターをユニークにする

関連記事:WordPressのアクセス解析(カウンター)プラグインCounterize IIを導入CommentsAdd Star

カウンターを表示できるプラグインCounterize IIを先日入れたのだが、先日の手順ではユニークな数で表示してくれない。
つまり、1ユーザが2ページ遷移したらカウントが+2されてしまう訳だ。

なんか騙しカウンターみたいで嫌だなぁ~と思っていたので、暇な今、対処してしまおうと思う。

「昨日」のカウントを取るコードを書くことも出来るそうなのだが、自分のブログには不要なのでそれはカットする。

手順

  1. wp-content/plugins/counterizeii/browsniff.phpの末尾(?>の前)に以下のfunctionを追加

  2. function counterize_getuniquehitstotal()
    {
    $sql = 'SELECT count(DISTINCT ip,date(timestamp)) FROM ' . counterize_logTable();
    $wpdb =& $GLOBALS['wpdb'];
    return $wpdb->get_var($sql);
    }


  3. サイドバー(sideber.php)の適切な箇所に以下を追記。または変更。要はカウンターを表示させたい場所。

  4. <?php echo number_format(counterize_getuniquehitstoday()); ?> <!-- 今日のユニークなカウント -->
    <?php echo number_format(counterize_getuniquehitstotal()); ?> <!-- トータルのユニークなカウント -->
    <?php echo counterize_get_online_users(); ?> <!-- 現在の訪問者数 -->



    参考:Counterize II でWordPressにカウンタを表示する

WordPress -Google Sitemap Generator(sitemap.xml)をモバイルに対応させる

どうせなら携帯版のgoogle検索でも表示されて欲しいなーと思ってちょっと調べてみた。
Google Sitemap Generator(Xml Sitemap Generator)というWordpressのプラグインを使ってsitemap.xmlを作成していた。

このプラグインを少々改造することでモバイル検索対応とすることができるらしい(携帯用のgoogleのロボット検索が携帯用サイトとして認識してくれる)

手順は以下の通り。
なお、Google Sitemap Generatorプラグインは導入済みであることが前提。

  1. 修正対象ファイルは一つ →[WordpressのHOME]/wp-content/plugins/google-sitemap-generator/sitemap-core.php
  2. 523ステップ目あたりに以下を追加
  3. if($this->_priority!==false && $this->_priority!=="") $r.= "\t\t
    " . number_format($this->_priority,1) . "\n";


    $r.= “\t\t<mobile:mobile/>”;
    $r.= “\n\t</url>\n”;
    return $r;
  4. 1784ステップ目あたりに以下の要素を追加
  5. $this->AddElement(new GoogleSitemapGeneratorXmlEntry('<urlset xmlns:mobile="http://www.google.com/schemas/sitemap-mobile/1.0" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9 http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9/sitemap.xsd" xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9">'));
    ※該当箇所は「urlset」をキーに検索をかけるとすぐに見つかります。
  6. 管理者画面のXML-Sitemapからsitemap.xmlを再構築する
  7. 念のため、googleウェブマスターツールでsitemap.xmlの再送信を行う
  8. →記入ミスなどがあったら×印で教えてくれます。

googleウェブマスターツールって何じゃそれ?って方はググれカs(ry

嘘ですごめんなさいm(_ _)m

この辺の記事をご覧になると良く分かると思います。
でも実際使ってみるのが一番ですが!

WordPress -最新のエントリーに投稿日付を表示する

Wordpressで「最新の投稿」に日付を表示したいと思い調べてみた。
ちなみに筆者のテーマはvicunaを利用しているので、違うテーマの場合は変更内容が違うかもしれない。


手順

  1. Scott Reilly’s WordPress Plugins Pluginsから、customizable-post-listingsというプラグインをダウンロード+pluginsディレクトリに展開
  2. 管理画面でcustomizable-post-listingsプラグインを有効にする
  3. サイドバー(sidebar.php)を以下の様に変更
  4. <?php wp_get_archives('type=postbypost&limit=5'); ?>

    <?php c2c_get_recent_posts(5,"<li>%post_URL% (%post_date%)</li>",'','date','DESC',0,'n/j'); ?>

参考にさせて頂いた記事:最新のエントリーに投稿日付を表示する for WordPress