さくらインターネットでWordPressごとにデータベースを分ける方法

さくらインターネットのスタンダードプランでは現在、MySQLデータベースを合計20個まで作成可能ということで、一つのデータベースを参照している複数のWordPressの向け先を分けることにしました。その方法を書いておきたいと思います。

Wordpress自体にもエクスポート機能はありますが、これはプラグインによって生成されたテーブルまではエクスポートしてくれません。基本的な記事データのみです。例えば、アクセスログを取るようなプラグインを入れていた場合、そのデータは引き継がれません。一度プラグインを停止させ、再び有効化することでテーブルは作成されるでしょうが、データはまっさらになってしまいます。


なので今回はwordpressのエクスポート機能は使わずに、phpMyAdminのエクスポート機能を使う方法をご紹介します。この方法ならプラグインのデータもそのまま移動出来て手間も省けます。


“さくらインターネットでWordPressごとにデータベースを分ける方法”の続きを読む