WordPress -.htaccessにRedirect処理を追加

NucleusからWordpressへの移行に伴い、当サイト内のURLも大幅に変わった。

早いとこgoogle様に新しいURLをインデックスして欲しいのだが、待っててもらちがあかないみたいなので対処・・・。
Apacheの.htaccessにリダイレクト処理を入れて、旧URLを新URLに書き換えることにした。


こんな感じ。


# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress


<IfModule mod_alias.c>
Redirect permanent /_33.html http://itblog.posifeel.com/archives/12.html
Redirect permanent /_41.html http://itblog.posifeel.com/archives/20.html
Redirect permanent /_32.html http://itblog.posifeel.com/archives/11.html

</IfModule>

HTTP Server On USB

ApacheをUSBメモリーなどの外部記憶装置にインストールし、持ち歩けるパッケージを発見した。
HTTP Server On USB
http://www.blackdot.be/?inc=apache/httpserveronusb
同封されているモジュールは以下の通りで、perlやphpがデフォルトでインストールされているのがありがたい。
* Apache 2.2.11
o mod_deflate
o mod_ssl
* mod_security
* mod_perl
* PHP 5.2.8
* ActiveState Perl 5.10
ちなみにインストール後はhttpd.confなどを少々いじらなければならなかった。
主にデフォルトだとパス関連がめちゃくちゃ。
しかしHTTPアプリを持ち運べるのは個人的にでかい。
異なる環境でいちいちApacheやphpをインストールするのにはうんざりしていたところである。
これでポータブルなmysqlもあったら最高なのだが・・・(笑

“HTTP Server On USB”の続きを読む

さくらインターネット Zend Frameworkの導入 .htaccessの設定でつまづく

さくらインターネットにZend Frameworkを導入したときのメモ
1.Zend Frameworkの入手
$ pwd
/home/ユーザ名
$ mkdir lib
$ cd lib
$ wget http://framework.zend.com/releases/ZendFramework-1.9.2/ZendFramework-1.9.2.tar.gz
2.Zend Frameworkの配置と展開
$ tar xvfz ZendFramework-1.9.2.tar.gz
3.php.iniの設定
さくらインターネットサーバコントロールパネル>[サーバツールの設定]>[PHP設定の編集]
include_path = “/home/ユーザ名/lib/ZendFramework-1.9.2/library”
4.動作確認
$ mkdir $HOME/www/test
$ vi $HOME/www/test/index.php
< ?php
require_once 'Zend/Date.php';
$date = new Zend_Date();
echo $date->get(Zend_Date::RFC_2822);
5..htaccessの設定
  存在しないリクエストは全てindex.phpに処理させる。
$ cd $HOME/www/test
$ vi .htaccess
RewriteEngine on
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteRule ^(.*)$ /index.php [L,QSA]
6..htaccessの動作確認
$ vi test.html
てすとです。
 ブラウザで以下を確認
 1)http://ドメイン/test/
   →index.phpが表示されること
 2)http://ドメイン/test/aaa.html ※)存在しないURL
   →index.phpが表示されること
 3)http://ドメイン/test/test.html
   →test.htmlが表示されること

php.iniの置き場所

デフォルトではない場所にphpをインストールしたのだが、どうもphp.iniが読み込めていないようだ。
phpinfo()で見てみたところ「Configuration File (php.ini) Path」の項目が「C:\WINDOWS」になっていた。
意図しているのは別のディレクトリ。
調べてみたところ、apacheがphp.infoを探しに行くときの順序は以下のようになっている模様。
※以下、「http://www.php.net/manual/ja/faq.installation.php#faq.installation.phpini」から抜粋
–ここから
Windows の場合、php.ini のデフォルトパスは Windows ディレクトリになります。 Apache ウェブサーバを使っている場合はまず Apache がインストールされているディレクトリ (例えば c:\program files\apache group\apache にある php.ini を探そうとします。このため、異なる php.ini ファイルを異なるバージョンの Apache ごとに置いておくことができます。
–ここまで
明示的にphp.iniの場所を指定する為には、Apacheのhttpd.confに以下の行を追加する。
–ここから
# php.ini の場所を設定
PHPIniDir “C:test/aaaa/php” #実際にphp.iniのあるディレクトリを指定
–ここまで
Apache2とphpの設定については以下のサイトを参照。
http://www.php.net/manual/ja/install.windows.apache2.php