CentOS 5.5 skypeのインストール

 CentOS 5.5にskypeをインストール。ネットの情報は古いのか(?)、以前はCentOS用のパッケージも配布していたらしいのだけどskype公式ページには見当たらなかった。

 fedora用のパッケージでいけるかな?とも思ったのだけど、依存するパッケージがCentOSのリポジトリに無かったので断念。まぁfedoraのリポジトリを追加するのにはちょっと抵抗があるので・・・。

 で、いろいろ調べたところ「static」というバージョンのskypeを使うことで楽に起動できました。以下手順です。

“CentOS 5.5 skypeのインストール”の続きを読む

Linux clive(コマンドラインの動画ダウンロードツール)のインストールと動作確認

Tux cliveとはコマンドライン(CUI)上で動作する動画ダウンロードツールです。cliveはLinuxで標準でインストールされているPerlで記述されています。

 cliveを導入するメリットですが、コマンドラインベースである為にcronに組み込むことができたり、既存の(あるいは新規の)アプリケーションに組み込むことが出来たりと、汎用性が高いという点でしょう。URLをそのまま引数として指定するだけでダウンロードを行ってくれる点や、タイトル名を自動でファイル名にしてくれる点(日本語にも対応)も魅力的です。
 また、対応している動画サイトもメジャーなところは抑えていると思います。動画サイトの仕様変更に合わせて、cliveのバージョンの更新も頻繁に行われているようです。

 cliveはgoogle codeで公開されているオープンなソースコードであり、Gitリポジトリを利用して管理されています。

 上記のgoogle code上のcliveのページからもダウンロード出来ますが、今回はGitリポジトリから最新ソースを取得してインストールする方法を書いてみます。

 注意:お約束ですが著作権物のダウンロードは違法です。自己責任でお願いしますです。

“Linux clive(コマンドラインの動画ダウンロードツール)のインストールと動作確認”の続きを読む

Apache 自宅サーバにおけるバーチャルホストの設定

環境:CentOS 5 64bit
Apache:2.x

やりたいこと:example.comとtest.example.comを自宅サーバ(Apache)へリレーし、Apacheのバーチャルホストでそれぞれ別のディレクトリ配下を表示させる。

前提:DDNSはeverydnsを利用し以下のように設定済み。

example.com A [自分のグローバルIPアドレス]
test.example.com CNAME example.com

“Apache 自宅サーバにおけるバーチャルホストの設定”の続きを読む