WEBサイト制作業の差別化

wordpressが普及しすぎた。
今は趣味でいじってるけど、ちょっと興味が薄れてきました。
誰でも出来ることに対して興味を持ちづらい性格なんですよね。


WEBサイトってCMSで簡単に作れる分、競合他社が多いと思う。
主にデザイン業界で顕著なんじゃないかな。

普通のSIerやソフトウェアハウスはWEBサイトも作るけど、ほとんどが大規模プロジェクトだし、WEB制作だけをしている訳じゃない。(少なくとも自分が現役の頃はそうだった)
デザイン部分だけデザイン会社に外注しているって感じじゃないかな。


“WEBサイト制作業の差別化”の続きを読む

WordPressの商用利用に対して思う事

わたくし、5年ほど前にIT業界から距離を置いた身でございます。

今はあくまで趣味としてプログラミングしている程度の、
当時は兎も角、今は「プロ意識」とはかけ離れた存在でございます。

このWordpressのテンプレートも、
どこかの誰かが公開して下さっていたものをお借りしているにすぎません。
放置し過ぎて気が付いたらバージョンアップのアラートが十数個もあった!
みたいなことも日常茶飯事です。

だからあまり人こと言える立場じゃないんですが・・・。


最近・・・というか、IT業界にいた頃からなんだけど思う事があります。


おいらの頭が固いだけかなぁ?


“WordPressの商用利用に対して思う事”の続きを読む

技術者としての将来性

 WEB業界の将来性は認めるが、WEB専門プログラマの将来性ってどうなんだろうと思う。
 デザイナーさんの需要は今後もあると思いますけどね。

 例えばパナソニックが次世代DVDディスク(ブルーレイが勝ちましたね)の規格争いの末に破れて撤退したように・・・。
 W3Cという規格団体があるとはいえ、今のWEB業界って上記の次世代DVD規格争いみたいな状況にあると思う。
 現在のWEBって本当に色々な仕組みがあるけど、将来的にはやっぱり標準化されていくことだろう。
 となると、要らなくなった技術と要る技術、勝ち組と負け組が産まれる可能性が高い。
 (というか「技術」と名のついたものは、ほとんどそういう歴史を持っていますよね)

“技術者としての将来性”の続きを読む