Linuxの時間管理の仕組み

Linuxの時間管理の仕組みについてまとめメモ。
考え始めたキッカケは9時間ずれるという良くある問題を根本的に理解したいと何故か思ってしまったから_(:3」∠)_
今思えば止めておけばよかったと思ってたり思ってなかったり・・・。

勘違いを含む間違いや、不足部分もあると思うので随時更新します。

“Linuxの時間管理の仕組み”の続きを読む

Linux:ntpdを動かしていても日付がずれる場合に確認すること

書くことは「UTCとJSTの時差である9時間ずれる問題」とは関係あるかもしれませんが別件です。まぁ参考程度にはなるかも?

あまりにも長い間、通電してなかったパソコンにLinuxやUnixを入れた時ってとても時間がずれています。VMwareやKVM等で仮想化している場合もずれていきがちですよね。そのような時に「正しい時間にしてくれ!」と頼りにするのがNTPサーバー。

しかしNTPサーバーの大半はシステム時間とのずれに対して制限を設けています。(ない所もあるかも・・・)取りあえず、ntpdのログ機能をONにして確認してみましょう。

“Linux:ntpdを動かしていても日付がずれる場合に確認すること”の続きを読む

/etc/sysconfig/clock

/etc/sysconfig/clockのZONEパラメータはsystem-config-dateプログラム等の限られたツールで参照される。

参考:CentOS-5 Documentation#28.1.6. /etc/sysconfig/clock

Note that the ZONE parameter is read by the Time and Date Properties Tool (system-config-date), and manually editing it does not change the system timezone.


CUI環境では/etc/localtime(タイムゾーンファイル)を直接参照している?
試しに/etc/sysconfig/clockファイルを削除してrebootしてみたけどdateコマンドの結果に問題は無いように思える。

LinuxがLANに繋がらなくなった!そんな時に参考になるかもしれない対処法

インストール時やインストール直後には問題は無かったものの、PCやルータ(ハブ)のLANコネクタのランプが点滅しているにも関わらずLANに繋がらない場合があります。
そんな時はLinux上で以下を試してみて下さい。
もしかしたら解決できるかもしれません。

今回の環境

CentOS 5.9


“LinuxがLANに繋がらなくなった!そんな時に参考になるかもしれない対処法”の続きを読む

SELinuxを有効にしたままsambaから外付けHDD(USB)を参照する方法

 SELinuxを有効にしたままsambaから外付けHDD(USB)を参照する方法のメモ。

 ML115 G5サーバーを買う前に使っていたUSB外付けハードディスクをsambaで共有させたいなー・・・なんてふと思ったので早速やってみることに。
 想像通りというか、やっぱり邪魔をするのがSELinuxでした。SELinuxを無効にしたり、SELinuxの設定でsambaの「Allow Samba to share any file/directory read/write」を有効にすればちゃんと参照してくれるのですが、せっかくガッチガチに固めてくれているセキュリティを弱めるのはちょっとなぁ・・・。
 ってことで、SELinuxを有効にしたまま、かつ、「Allow Samba to share any file/directory read/write」は無効のまま、必要最低限のセキュリティレベルを下げるって方向で進めてみることに。

“SELinuxを有効にしたままsambaから外付けHDD(USB)を参照する方法”の続きを読む